年金生活・生活保護でも即日融資が可能?!

 齢を問わずお金に困ることはありますよね、そんな時役立つのが即日融資カードローンです。いくつかの条件が揃えば即日融資が可能になります。

 

たとえ年金生活でも即日融資が受けられる?

 今日、高齢者の自己破産者の数が急激に増えており、社会問題として度々のように取り上げられています。【https://manetatsu.com/2017/10/04501/】
高齢者の金銭事情について
 このような問題が起こる背景には一体どのようなことがあるのかと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。確かに高齢化社会の進行という事態もあり、必然的に借金をする高齢者の数が増えているということもありますが、それにしても自己破産者の全体に占める高齢者の割合が増加の一途をたどっていることが気になります。元来の高齢者のイメージといえば、年金で堅実な生活しながら余生を楽しむというようなものでした。しかしながら、現代社会における高齢者を取り巻く環境は実に厳しいものになっているといえます。むろん、資産家や富裕層と呼ばれる一部の人は、余るほどの資産や預貯金などを持っていることも事実です。
年金生活や生活保護でも即日で融資してもらえる?
 問題視されているのは、年金や生活保護などの収入だけでは、生活費を賄いきれずに、消費者金融業者やクレジットカード会社、銀行などの即日融資や即日キャッシングなどに手を出してしまう人です。「年金や生活保護でも即日融資や即日キャッシングは受けられるの?」と不思議に思う人も多いかもしれません。答えは多くの場合で、受けることができます。理由は、年金や生活保護費などの公費の場合は、より確実性の高い原資として見なされるからです。
年金を担保に融資してもらえる
 消費者金融業者やクレジットカード会社、銀行などの金融機関にとっては、着実に返済をあてにすることができるのです。いわゆる過剰貸し付けや多重債務などの問題が大きくクローズアップされたことで、総量規制などの新たな規制も登場しましたが、その機能の効果のほどは決して十分ではありません。即日融資や即日キャッシングを利用する高齢者の数が増えているのも、ネット社会が浸透したからという要素もありますが、それ以前に比較的審査が甘いということも挙げられます。年金などを担保にする年金担保融資などの公的機関が提供する融資を利用できれば、それに越したことはありません。金利は2〜3%台などと極めて低く設定されているのが特徴です。このような低金利の融資については、審査が厳しいのも事実です。土地や建物などの不動産や株式などの担保を求められることも多くあります。このような低金利融資を受けることができない人は結果的には、金融機関に次々と手を出することになってしまうのです。そして自己破産の道を歩むことになってしまいます。

page top